Failure is an option, but fear is not.

template: single.php

$POST_TYPE: race2017

$cat_id: 14

$cat_name: 4team

$cat_slug: 4team

SUPER GT

    • ♯初号機
    • ♯111チーム概要
    • ♯111マシン紹介
    • ♯111ドライバー紹介
    • SUPER GTとは
    • スケジュール
  •  

     

    チーム概要

    マシン名
    エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
    カーナンバー
    ♯111
    ベース車両
    Mercedes-Benz Mercedes-AMG GT3
    監督
    植田 正幸
    エントラント
    Rn-sports

     

     

    マシン紹介

    エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
    • エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
      • エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
      • エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
      • エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
    車両形式
    AMG GT3
    全長x全幅
    4609mm x 2049mm x –
    車両重量
    ホイールベース
    2625mm
    トレッド(F/R)
    1698mm / 1739mm
    トランスミッション
    Hewland 6速パドルシフト後退1速
    クラッチ
    ツインメタルプレート(AP製)
    サスペンション
    F:ダブルウィッシュボーン / R:ダブルウィッシュボーン
    ブレーキ
    F:ベンチレーテッドディスク6ポッド(AMGオリジナル)/ R:ベンチレーテッドディスク4ポッド(AMGオリジナル)
    タイヤ
    YOKOHAMA
    タイヤサイズF
    F:300/680R , R:330/710R
    ホイール
    WARK
    ホイールサイズ
    F:12Jx18 / R:13Jx18
    エンジン形式
    M159
    エンジン仕様
    V型8気筒 自然吸気
    排気量
    6208cc
    ボア×ストローク
    102.2×94.6mm
    リストリクター
    最高出力
    最大トルク
    オイル
    WAKO's
    エンジンチューナー
    Mercedes-AMG
    メンテナンス
    Rn-SPORTS

     

     

    ドライバー紹介

      • 石川京侍
      • 石川京侍
        生年月日
        1994年8月31日
        出身地
        兵庫県
        身長
        176cm
        体重
        63kg
        血液型
        RH+A
      西暦 カテゴリー/レース名 ランキング
      2010年 全日本カート選手権S-KFクラス  
      2011年 全日本カート選手権S-KFクラス  
      2012年 鈴鹿サーキットレーシングスクール (SRS-F) 首席卒業
        フォーミュラチャレンジジャパン(FCJ) スポット参戦  
      2013年 フォーミュラチャレンジジャパン シリーズ3位
        F4日本一決定戦 優勝
      2014年 F4 FCクラス シリーズ3位
      2015年 全日本F3選手権 シリーズ7位
      2016年 全日本F3選手権 シリーズ8位
        スーパー耐久 ST-4クラス シリーズ5位
        SUPER GT 第6戦スポット参戦  
      • 山下亮生
      • 山下亮生
        生年月日
        1991年6月8日
        出身地
        愛知県
        身長
        168cm
        体重
        55kg
        血液型
        RH+O
      西暦 カテゴリー/レース名 ランキング
      2013年 86・BRZレース  
      2014年 86・BRZレース  
      2015年 86・BRZレース プロクラス  
      2016年 スーパー耐久ST-Xクラス シリーズ7位
        86・BRZレース プロクラス  
      • 植田 正幸
      • 植田 正幸
        生年月日
        1960年10月28日
        出身地
        和歌山県
        身長
        182cm
        体重
        74kg
        血液型
        RH+O
      西暦 カテゴリー/レース名 ランキング
      2007年 SUPER GT GT300  
        全日本スポーツカーLMP2 シリーズ2位
        スーパー耐久ST-3クラス  
      2009年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-3クラス シリーズ6位
      2010年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-3クラス シリーズ2位
      2011年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-1クラス シリーズ3位
      2012年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-3クラス シリーズ3位
      2013年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-3クラス シリーズ3位
      2014年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-3クラス シリーズ5位
      2015年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-3クラス シリーズ7位
      2016年 SUPER GT GT300  
        スーパー耐久ST-Xクラス シリーズ9位

     

     

    レース概要

    国内最高峰レースSUPER GT
    鈴鹿サーキット
    • 最高時速300kmオーバーの超高速バトル!

      モータースポーツと言うと、多くの人はまずF1をイメージするに違いない。しかし、実はF1に次ぐ人気を誇る、国内最高峰のレースがあった。それがエヴァンゲリオンレーシングの活躍する“SUPER GT”だ。

       

       

      “SUPER GT”とは、「改造した市販車」が競うレース。レース専用に作られた車で走るF1の「フォーミュラカー」に対して、SUPER GTではルールに従って改造した市販量産車でバトルを繰り広げている。日本だけでなく海外メーカーの車も多く、みんなの憧れの“スーパーカー”が最高時速300kmオーバーという超高速の世界でバトルする国際的にも注目されているレースなのだ。
      しかもそれが週末に気軽に観に行ける国内で行われているため人気が高く、年間40万人超の観客動員数を誇る国内人気No.1の自動車レースなのだ。

       

       

    • GT500とGT300の2つのクラス…

      SUPER GTは性能差のあるGT500クラスとGT300クラスの2つのクラスに分かれている。エンジンパワーが約500馬力なのが、GT500クラスであり、約300馬力のクラスがGT300クラスとなる。エヴァンゲリオンレーシングはGT300クラスに参戦している。

       

       

      GT500とGT300のクラスが異なる車両が、同じコースを混走。コースの所々で抜きつ抜かれつの熾烈な争いが展開され、激しい順位争いが繰り広げられる。

      GT500クラスは、日本を代表するホンダ、トヨタ、日産の3大メーカーが参戦し自社の看板スポーツカーを投入しバトルを繰り広げている。GT300クラスは、トヨタ・プリウスやホンダCR-Z、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、BMW、アウディ、メルセデス・ベンツと言った国内外多種多様なマシンが繰り広げる予測不能のバトルが魅力となっている。

      GT500とGT300のマシンを簡単に見分けるポイントがある。マシンのヘッドライトやゼッケン、ウインドウのステッカーの色がGT500は白、GT300は黄色と決められている。

       

       

    • レースだけじゃない面白さ!

      主役は最速チューンが施されたマシンとそれを操るドライバーですが、その周りに様々なイベントやアイテムがあふれている。
      レーススケジュールの合間にピットではドライバーやマシンに近づくことが出来たり、レースクィーンの撮影イベントが行なわれたり、さらにバックステージでは歌やダンスのライブもあり、サーキット全体がエンターテインメント空間と化して、ファンを楽しませることに取り組んでいる。これもまた日本で発展したスーパーGT独自の魅力となっているのである。

     

     

    スケジュール

      日程 サーキット 都道府県
    第1戦 4/8sat〜4/9sun 岡山国際サーキット 岡山県
    第2戦 5/3wed〜5/4thu 富士スピードウェイ 静岡県
    第3戦 5/20sat〜5/21sun オートポリス 大分県
    第4戦 7/22sat〜7/23sun スポーツランドSUGO 宮城県
    第5戦 8/5sat〜8/6sun 富士スピードウェイ 静岡県
    第6戦 8/26sat〜8/27sun 鈴鹿サーキット 三重県
    第7戦(参戦未定) 10/7sat〜10/8sun チャン・インターナショナル・サーキット タイ
    第8戦 11/11sat〜11/12sun ツインリンクもてぎ 栃木県